柳宗悦と民藝の哲学:「美の思想家」の軌跡
《シリーズ・人と文化の探究15》
大沢啓徳
商品番号:3051303

0円(内税)

購入数
  • 在庫  sold out
柳宗悦と民藝の哲学:「美の思想家」の軌跡 (シリーズ・人と文化の探究 15) 大沢啓徳

著者:大沢啓徳 著
出版社:ミネルヴァ書房
発行年:2018年 初版
サイズ:21cm
ページ:353pp
状態:カバー 帯付 カバー背・帯背に縦にヨレ折れ跡、カバー・帯若干スレ、カバー上端に若干ヨレ有るも、本体良好です。

目次
はじめに
 第1部 民藝理論以前
第1章 理想主義的性格
 1 『白樺』創刊
 2 兼子との結婚
第2章 初期の思想形成
 1 科学論
 2 ウィリアム・ブレイク研究
 3 宗教哲学研究
第3章 朝鮮・沖縄・アイヌとの関わり
 1 植民地政策批判と朝鮮民族美術館
 2 沖縄方言論争
 3 アイヌ工藝美の評価
第4章 コレクションの思想
 1 木喰上人研究
 2 蒐集の理念
 3 日本民藝館の使命
 第2部 柳宗悦の民藝理論
第5章 民藝の発見
 1 直観的事実
 2 理論化の意義
 3 著作概観
第6章 民藝のめざしたもの
 1 民藝の位置づけ
 2 美学としての民藝
 3 これからの社会美のための民藝
第7章 民藝美を構成する三つの条件
 1 用の美
 2 無名性
 3 健康の美
 4 今日における民藝理論の可能性
 第3部 民藝理論以後
第8章 茶道論
 1 茶道への共感
 2 茶道界批判
 3 柳の茶道理解の難点
 4 柳の茶道論の意義
第9章 仏教美学
 1 信論と美論の結合
 2 仏教美学による民藝理論の基礎づけ
 3 仏教美学の意義
 4 柳自身の信仰をめぐる問題
終章 理法のなかの不死
 1 民藝の哲学の意義
 2 美の標準から真理の標準へ

おわりに
柳宗悦全集・目次概観
柳宗悦関連年譜
人名索引・事項索引


書肆とけい草は、「出張による買取」、「宅配による買取」いずれかで古書買取を受け付けております。
出張買取は東京、神奈川、千葉、埼玉など都内・関東を中心に、また宅配買取は送料当店負担にてお受け致します。
読み終えたが手離しづらい思想・哲学書・人文書、美術書・写真集・建築・デザイン・アートブック・絵本など
本の買取・処分をご検討されている際は、またご不明な点等ございましたら、お気軽にお電話・メール・お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Tel: (090) 5267-6374(いつでも歓迎)
mail:info@syoshi-tokeisou.com
お問い合わせフォームはこちら
古書古本買取について詳しくはこちら