図像の哲学: いかにイメージは意味をつくるか
《叢書・ウニベルシタス》
ゴットフリート・ベーム
商品番号:3060402

4,000円(内税)

購入数
  • 在庫  sold out
図像の哲学: いかにイメージは意味をつくるか (叢書・ウニベルシタス 1066) ゴットフリート・ベーム

著者:ゴットフリート・ベーム 著, 塩川千夏, 村井則夫 訳
出版社:法政大学出版局
発行年:2017年 初版
サイズ:19cm
ページ:310pp
状態:カバー 帯付 カバ・帯僅かにスレ、カバー上端に若干ヨレイタミ有るも、それ以外良好です。

目次
はじめに 画像の魅力、画像の議論
第1章 「見せること」の背景 「像」の直示的根底
第2章 言語の彼方 画像の論理のための覚書
第3章 聖像破壊(イコノクラスム) 廃棄、止揚、否定
第4章 開けた地平線 自然像の歴史
第5章 眼と手のあいだ 認識の装置としての図像
第6章 イコン的知 モデルとしての図像
第7章 痕跡と感知力 デッサンの考古学
第8章 図像の連続的活動 近代におけるジャンルと図像
第9章 表現と装飾 アンリ・マティスによる絵画の変貌
第10章 未規定性 図像の論理のために
第11章 概念と図像 ソクラテス的問いの限界
第12章 絵画の力 「精神病患者」の芸術と絵画の言説
第13章 存在の増加 解釈学的反省と図像芸術
訳者あとがき

人名索引


書肆とけい草は、「出張による買取」、「宅配による買取」いずれかで古書買取を受け付けております。
出張買取は東京、神奈川、千葉、埼玉など都内・関東を中心に、また宅配買取は送料当店負担にてお受け致します。
読み終えたが手離しづらい思想・哲学書・人文書、美術書・写真集・建築・デザイン・アートブック・絵本など
本の買取・処分をご検討されている際は、またご不明な点等ございましたら、お気軽にお電話・メール・お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Tel: (090) 5267-6374(いつでも歓迎)
mail:info@syoshi-tokeisou.com
お問い合わせフォームはこちら
古書古本買取について詳しくはこちら